契約書のチェックポイント | 鹿児島 弁護士|弁護士法人グレイス 鹿児島県弁護士会所属

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談

弁護士法人グレイス

経営者のためのメールマガジン

close

法律に関する様々な
トピックを弁護士が解説

無料で読めるメルマガ登録はこちら

メールアドレスを入力→
登録ボタンをクリック
(10秒程お待ちください)

契約書のチェックポイント

契約書のチェックポイント  

以下に、ビジネスでよく用いられる代表的な契約と契約条項を掲載します。

また、各契約や契約条項がいかなる意味を持つのか、解説をしています。ご参照ください。

1.金銭消費貸借契約

お金を貸し借りする際の基本的事項や、弁済期が守られなかった場合のペナルティについて定める契約です。

2.売買契約

ものを買いたい、または売りたいというときに交わされる契約が売買契約です。売買を継続的に行う場合、最初に継続的取引契約が交わされる場合もありますが、この契約は売買契約の派生型です。

3.秘密保持特約

当事者間で営業秘密などの秘密情報に関わる取引や交渉をする場合に、秘密情報が第三者に漏洩することを防ぐために、特別に盛り込まれる契約条項です。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談