2018/06開催<br />無期転換制度と雇止めの問題を大武が斬る!! | 鹿児島 弁護士|弁護士法人グレイス 鹿児島県弁護士会所属

鹿児島弁護士会所属 | 弁護士法人グレイス 鹿児島を中心とする顧問先300社以上の信頼と実績

弁護士法人グレイス

経営者のためのレポート

close

法律に関する様々な
トピックを弁護士が解説

無料で読めるレポート登録はこちら

メールアドレスを入力→
登録ボタンをクリック
(10秒程お待ちください)

無期転換制度と雇止めの問題を大武が斬る!!

2018年6月に、鹿児島・熊本・宮崎にて計5回、「無期転換制度と雇止めの問題を大武が斬る!!」と題した企業法務専門部主催の労務セミナーを開催いたしました。

鹿児島
2018年6月5日(火)9時30分~11時30分・6月6日(水)14時~16時
会場:かごしま県民交流センター
八代
2018年6月12日(火)14時~16時
会場:やつしろハーモニーホール
都城
2018年6月20日(水)14時~16時・6月21日(木)9時30分~11時30分
会場:都城商工会議所
講師
大武 英司
セミナー名
無期転換制度と雇止めの問題を大武が斬る!!

今年の4月以降、有期雇用契約を更新してきた方で無期雇用への転換を請求できる方が約450万人出現すると報道されております。この転換権を行使される前に使用者側が雇用関係を終了させようとすると雇止めの問題が生じ、場合によっては未払賃金や慰謝料等の請求をされるリスクすら生じます。

本セミナーでは、無期転換制度をしっかり理解していただくとともに、無効な雇止めとならないための対応策を弁護士の観点からレクチャーいたしました。

セミナー内容

  1. 無期転換と雇止めの関係
  2. 無期転換制度による使用者側の不利益とは?
  3. 無期転換権を行使される前の対応策
  4. 無期転換権を行使された場合の問題点と対応策
  5. 具体例から学ぶ
  6. 対応策のまとめ 〜弁護士の活用方法〜

担当弁護士より

無期転換制度とはそもそもどのような制度なのか、それを避けるための雇止めという方法が果たして有効なのか等に焦点を当ててセミナーをさせていただきました。

2018年から無期転換権を行使する労働者は年々増え続ける一方であり、無期転換権についての知識は、もはや全ての使用者にとって必要不可欠です。また、必要に応じて無期転換社員のための就業規則策定や、現在の就業規則を見直すことも急務となっております。

今回のセミナーを機に、無期転換制度や雇止めについての理解を深めることにお役立ちいただければ幸いです。

セミナーアンケート

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談

Contentsmenu

弁護士法人グレイス

弁護士法人
グレイス

〈鹿児島事務所〉
鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6階

Accessmap

〈鹿児島事務所〉鹿児島県鹿児島市金生町1-1 ラウンドクロス鹿児島6階

Area

鹿児島県
全域

弁護士法人グレイス
債務整理相談サイト
交通事故相談サイト
離婚問題相談サイト
相続トラブル相談サイト
高次脳機能障害相談サイト
技能実習制度相談サイト

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談
© Copyright 2017 弁護士法人グレイス 
All Rights Reserved.

鹿児島弁護士会所属 弁護士法人グレイス
〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F(鹿児島事務所)
TEL:099-822-0764 FAX:099-822-0765