労働法コラム第7回「ハラスメント問題について」 | 鹿児島 弁護士|弁護士法人グレイス 鹿児島県弁護士会所属

鹿児島弁護士会所属 | 弁護士法人グレイス 鹿児島を中心とする顧問先300社以上の信頼と実績

弁護士法人グレイス

経営者のためのレポート

close

法律に関する様々な
トピックを弁護士が解説

無料で読めるレポート登録はこちら

メールアドレスを入力→
登録ボタンをクリック
(10秒程お待ちください)

弁護士コラム

労働法コラム第7回

ハラスメント問題について

労働法

2016/10

弁護士:戸田晃輔

ハラスメント問題について

今月からコラムを企業法務専門部所属の戸田が担当させていただきます。みなさまに興味をもっていただけるような話題を提供できればと思います。

今回このコラムではハラスメント問題について取り上げます。皆様もハラスメントという言葉自体は何度も耳にしたことがあるかと思います。

いわゆるハラスメント問題にはセクシャルハラスメント、パワーハラスメント、マタニティハラスメントなどの類型があります。しかし、実際にどのような行為がこれらにあたるかについて一律の基準というものはなく、その判断には困難が伴うこともしばしばです。

そのため、ハラスメント問題に対する予防策、さらには起きてしまった問題に対する対応をどのようにすべきかという点について疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

また、ハラスメントを放置することの悪影響として、生産性の低下や人材流出が挙げられています。優秀な人材を確保することが難しくなっている今、企業においては、人材流出を防ぎ、優秀な人材を会社に定着させることが重要な課題となってきます。

さらには、ハラスメント問題で訴えられたとなれば、ブラック企業の汚名を着せられる可能性すらあります。そのため、ハラスメント問題について適切な対策を講じることは、企業の発展や企業イメージの保護にとって非常に重要です。

法律をみてみると、「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律」(以下、「均等法」といいます)では、事業主に対して、職場におけるセクハラ行為についてこれらを防止する配慮義務が課されています

さらには、今年の3月29日に改正された均等法及び「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」では、事業主は職場の労働者に対して妊娠等に関する言動により当該労働者の就業環境が害されることのないように、労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備、その他雇用上必要な措置を講じることが新たに義務付けられています

このように、社会的にもハラスメント問題に対する意識が高まり、企業には労働者が働きやすい環境を整備する法的義務も課されるようになってきています。

以上のようにハラスメント問題は企業の発展に重要であり、社会的にも重要なものとして考えられていることがわかります。そのために、しっかりとハラスメント問題への対策を講じることが今後ますます必要です。11月17日には、当事務所主催でハラスメント問題についてセミナーも行いますので、ぜひご参加いただければと思います。

その他の関連するコラムはこちら

労務問題・労働法コラム 労務問題・労働法コラム
2018/10
労務問題

試用期間設定に関する注意点

2018/09
労務問題

同一労働同一賃金とは?

2018/07
労務問題

いわゆる「持ち帰り残業」と労働法

2018/06
労務問題

正社員と非正規社員の待遇格差について ~平成30年6月1日最高裁判決~

2018/05
労務問題

職員の採用と労働法

2018/04
労務問題

無期転換制度と雇止め

2018/03
労務問題

問題社員に対する対処法

2018/02
労務問題

有期雇用に関する基礎知識 ~不合理な労働条件の禁止~

2017/12
労務問題

有期雇用に関する基礎知識について ~契約期間及び契約の終了にかかる規制~

2017/10
労務問題

固定残業代制度が有効となるためには?

2017/09
労働法

有期雇用の無期転換申込権について

2017/08
労務問題

就業規則を知って活用する

2017/06
労働法

第13回 均等法及び育介法の防止措置について④~事情聴取後の対応~

2017/05
労働法

第12回 均等法及び育介法の防止措置について③~相談への対応方法~

2017/04
労働法

第11回 均等法及び育介法の防止措置について②~相談体制の整備について~

2017/03
労働法

第10回 均等法及び育介法の防止措置について①

2017/02
労働法

第09回 マタニティーハラスメント事件 ~広島中央保健生協事件~

2016/12
労働法

第08回 均等法と育介法の改正内容の概要

2016/10
労働法

第07回 ハラスメント問題について

2016/09
労働法

第06回 賃金(2)ー賃金から控除することができる費用って何?ー

2016/08
労働法

第05回 賃金(1)ー労働法が適用される「労働者」とはどんな従業員のこと?ー

2016/07
労働法

第04回 解雇(4)ー解雇をするために必要な手続って?ー

2016/06
労働法

第03回 解雇(3)ー従業員の私生活上の非行を理由に解雇はできるのか?ー

2016/05
労働法

第02回 解雇(2)ー従業員の職務懈怠があれば解雇は有効?ー

2016/04
労働法

第01回 解雇(1)ー解雇が無効となると、使用者側にはこんなリスクが!ー

弁護士コラム カテゴリー一覧

  • 労務問題・労働法コラム
  • 事業承継コラム
  • 知的財産権コラム
  • 法改正コラム
  • 下請法コラム
  • 個人情報コラム
  • その他のコラム
■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談
弁護士法人グレイス

弁護士法人
グレイス

〈鹿児島事務所〉
鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6階
鹿児島天文館/鹿児島市電「いづろ通」

Accessmap

〈鹿児島事務所〉鹿児島県鹿児島市金生町1-1 ラウンドクロス鹿児島6階
鹿児島天文館/鹿児島市電「いづろ通」

Area

鹿児島県
全域

弁護士法人グレイス
債務整理相談サイト
交通事故相談サイト
離婚問題相談サイト
相続トラブル相談サイト
高次脳機能障害相談サイト
技能実習制度相談サイト
事務所サイト
離婚問題相談サイト

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談
© Copyright 2017 弁護士法人グレイス 
All Rights Reserved.

鹿児島弁護士会所属 弁護士法人グレイス
〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F(鹿児島事務所)
TEL:099-822-0764 FAX:099-822-0765