鹿児島の弁護士による中小企業法律相談

相談のご予約はこちら(受付時間 平日9:00~18:00)

弁護士法人グレイス

経営者のためのメールマガジン

close

法律に関する様々な
トピックを弁護士が解説

無料で読めるメルマガ登録はこちら

メールアドレスを入力→
登録ボタンをクリック
(10秒程お待ちください)

企業法務、経営諸課題の最新情報 2015年7月25日号

ニュースレターPDF版はこちらをクリック

いつも大変お世話になっております。
弁護士法人グレイス(旧古手川総合法律事務所)の丸山信一です。

昨日は土用丑の日でした。うなぎを食された方も多かったのではないでしょうか。 今年の夏の丑の日は8月5日との2回だそうですね。夏ばて知らずの季節を過ごしていきたいものです。

それにしても、梅雨明けはしたものの今年は長雨だけでは済まない最多雨量を各地で記録し、土砂災害や農産物生育などへの悪影響をもたらしました。鹿児島市では今梅雨の雨量がなんと年間平均の75%に相当したそうで、その凄まじさを物語っています。
被害をこうむった各方面の皆様にお見舞いを申し上げたいと思います。

さて、この間の社会経済情勢は騒がしさそのものです。ギリシャ債務問題の行方と市場の動向に注目が集まっていますし、国内では延長国会を巡っての今後の成り行きが大きな関心事となっています。時の指導者の舵取りに対しての議論百出の熱い夏となりそうですね。

他方、鹿児島を始めとする「明治日本の産業革命遺産」は正式に世界文化遺産に登録なる!外交や観光文化の交流の良い流れを掴みたいものです。そして鹿児島では今月27日からASEAN次官級会合が開かれます。日本とASEAN10カ国の交通政策がその内容ということで、交通連携の促進に期待が寄せられます。
世界遺産に登録された旧集成館にも立ち寄るそうで、観光や産業分野での鹿児島県の積極的なプレゼンテーションにも注目しましょうね。

今号のメルマガも民法改正や下請法などシリーズ化しているコラムを中心に紹介致します。また、あの「忘れの里 雅叙苑」さまにも登場頂きます。どうぞ今号もお楽しみ下さい。

何よりもお客様の事業の成功のために、そして永続的な発展のために!
私たちグレイスはお客様に寄り添う徹底した行動とそのスピードに拘って参ります。

それではメルマガ第19号をスタートさせましょう!!

本号のコンテンツ

1.法改正コラム
  「民法改正 -保証≪第1弾≫-」  担当 森田弁護士

2.下請法コラム
  「親事業者から下請事業者への返品の禁止」  担当 大武弁護士

3.助成金コラム
  平成26年度補正「ものづくり・商業・サービス革新補助金」  担当 湯田えり奈

4.GRACE NEWS
  (1)セミナー開催のお知らせ 
  (2)事故専門部からのお知らせ

5.事務員コラム
  商品・サービス紹介編
  「忘れの里 雅叙苑」  担当 湯田えり奈

↓全項目へのリンク先はこちら
 http://www.kotegawa-law.com/img/201507.pdf

ニュースレター

1.法改正コラム 第第7回 民法改正 -保証≪第1弾≫-

森田弁護士がお届けする好評の民法改正コラム。今回でもう7回目となりました。
今回は賃貸借契約などで見られる保証人の権利について新民法でどうなるのかを紹介しています。

第1弾として紹介するのは、債権者に対して債務の内容などについて情報提供を求める権利が認められたということです。更に、債権者がこの開示義務に違反した場合にどうなるのか、という関心事についても言及しています。

現行法で多く争われてきた保証人への遅延損害金の請求は、今後どの様な動きが考えられるか、この点にも森田弁護士は触れていますので、是非ご一読をお勧めします。
また、第2弾以降にもご注目下さい。

↓このコラムへはこちらからどうぞ!
http://www.kotegawa-law.com/img/201507_1.pdf

2.下請法コラム第5回 -親事業者から下請事業者への返品の禁止-

前号までのコラム2回分はセミナー開催に合わせてマイナンバー法について皆さまと考えて参りましたが、お馴染み大武弁護士が久々に下請法の内容でお話し致します。

前回までの下請法コラムでは、下請業者の保護と親事業者への勧告や罰則について触れながら「受領拒否」、「下請代金の支払遅延」、「下請代金の減額禁止」について説明してきました。

今回の『返品禁止』は「受領拒否の禁止」と理由が重なる点が多いのですが、この厳格適用の内容を今一度理解を深めていただければと思います。また、納期遅れとの関係を問う向きもありますが、この点にも触れていますので注目です。

さて、これまでの下請法に関するコラムや前回セミナーに寄せられたお声を受けて、大武弁護士は建設業界における諸問題を、今後予定されるセミナーで総括的にお話しようと張り切っています。
次回11月のセミナーにもどうぞご期待下さい。

↓このコラムの内容についてはこちらからどうぞ!
http://www.kotegawa-law.com/img/201507_2.pdf

3.助成金コラム 平成26年度補正「ものづくり・商業・サービス革新補助金」

このコーナーも7回目となりましたが、今回で一旦助成金・補助金のコラムはお休みを頂くことになりました。まだまだ奥が深く期待値も高かったコーナーですから、いずれ別の形でご紹介をさせて頂こうと思います。

担当湯田がご紹介する「ものづくり・商業・サービス革新補助金」は1次公募は終了し、2公募も8月5日で締切となります。様々な事業展開に活用を検討できる補助金です。
今一度のお復習いを湯田からご案内させて頂きます。

湯田の手掛けた、ある顧問先様の1次公募の申請が採択となる嬉しい報告をさせて頂いていますが、これからも高いハードルであってもチャレンジをして参りますので、認定支援機関としてのグレイスにご期待下さい。

↓このコラムの内容についてはこちらからどうぞ!
http://www.kotegawa-law.com/img/201507_3.pdf

4.GRACE NEWS

(1)法人・事業主向け セミナー開催のお知らせ

大武弁護士がお届けするのは「『建設業の紛争類型とその予防』~その何気ない対応が会社を潰す!?~」と題する建設関連業法の概説から始まり、事例に対応する対策など盛り沢山です。先日のマイナンバー法のセミナーは盛況の内に終了しました。
この度は建設業に特化した専門性の高いセミナーとなりますので、どうぞご期待下さい。

開催日時:11月26日(木)18時30分より
改めてのご案内まで暫くお待ち下さい。

(2)事故専門部からのお知らせ ホームページ続々更新中!

ホームページで新コンテンツ等を随時発信しています。
今回は、高次脳機能障害など重傷被災された方向けの生活支援について触れています。
一度ご覧下されば有り難いです。
http://www.kagoshima-kotsujiko.com/710/01/
何かのお役に立てればと思います。

↓このGRACE NEWSのコーナーへはこちらからどうぞ!
http://www.kotegawa-law.com/img/201507_4.pdf

5.事務員コラム 顧問先企業様の商品・サービス紹介「忘れの里 雅叙苑」

助成金コーナーに引き続き、このコーナーのご案内役は湯田えり奈です。

知る人ぞ知る、霧島の妙見温泉郷にたたずむ茅葺き屋根の宿と言えば『雅叙苑』ですよね。
今回は、世界的におもてなしの権威であるフランスのルレ・エ・シャトーから加盟の認定を受けたことを中心に取材させて頂きました。日本でもそのステージにある施設は数少ないので知らないほうが自然かもしれません。九州は初、宿では日本で6つ目とのことで、湯田も興味深くお話を伺えたとのことです。

限られたスペースでのご紹介となっています。百聞は一見にしかず・・・。
まず一度、ランチタイムにでも足を延ばしてみられては如何でしょうか?

本コーナーは事務局のスタッフが取材をすることで、顧問先様の商品やサービスを紹介します。訪問の機会を得て、積極的にアピールさせて頂きます。また、顧問先様や読者の皆さまの間を結ぶ交流の場としても、ご活用頂きたいと思います。

↓この記事へはこちらからどうぞ!
http://www.kotegawa-law.com/img/201507_5.pdf

法律相談の新規予約専用ダイヤル 0120-100-129法律相談の新規予約専用ダイヤル 0120-100-129

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

 

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談
法律相談のご予約はこちら 0120-100-129
弁護士紹介
破産Q&A
講演実績多数!セミナー実績
採用情報
Accessmap Area

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談
© Copyright 2017 弁護士法人グレイス All Rights Reserved.

弁護士法人グレイス
〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町1-1 アルボーレ鹿児島6F
TEL:099-822-0764  FAX:099-822-0765