鹿児島の弁護士による中小企業法律相談

相談のご予約はこちら(受付時間 平日9:00~18:00)

企業法務、経営諸課題の最新情報 2016年2月25日号

ニュースレターPDF版はこちらをクリック

いつも大変お世話になっております。
弁護士法人グレイス(旧古手川総合法律事務所)の丸山信一です。

今月はグレイス開設8年目を迎える月となりました。
お陰様で弁護士が8人の大所帯です。すべてはお客様のために、をモットーに、若いエネルギーを存分に発揮して、これからも更に邁進致します。

今号でお知らせするニュースに年間のセミナースケジュールがあります。
企業法務部が準備を進める今年の大きなイベントです。日々発生する問題への対応が機動力あることはもちろんですが、広く事業主の皆様にお伝えすべきである予防法務についてしっかりお示ししてこそ、グレイスの存在意義があると私たちは考えます。
どうぞ今年のグレイスにご期待ください。

※4月のセミナー日程が変更となりました。詳しくはこちらよりご覧ください。

このところは不安定な天候続きでしたが、少しずつ春の足音が近づく季節ともなってきています。
春の足音近づくと言えばその一つに鹿児島マラソンが上げられませんか?県内だけでなく県外からも一般のランナーが参加して、錦江湾・桜島を臨みながら走れるという初のイベントですよね。
成功をしてもらい大いにその魅力を全国発信してもらいたいものです。

また、薩長同盟が今年150周年になるということで、鹿児島市と萩市も友好の盟約を結んだそうです。両市とも近代化遺産で世界文化遺産に登録されたこともありますし、再来年は明治維新150年の節目ということもありますね。
名実ともに地方創生の時代到来となるよう、行政のみならず各界がそれぞれの良い牽引役を果たしてもらいたいものです。
私たちもお役に立てるよう私たちの果たす役割で大いに奮闘致します!

何よりもお客様の事業の成功のために、そして永続的な発展のために!
私たちグレイスはお客様に寄り添う徹底した行動とそのスピードに拘って参ります。

さあ、それではメルマガ第26号をスタートさせましょう!!

本号のコンテンツ

1.法改正コラム
  「民法改正 -賃貸借契約-」  担当 大武弁護士

2.知的財産権コラム
  「商標法 -商標の出願-」  担当 森田弁護士

3.事故コラム
  「自賠責保険について」  担当 永渕弁護士

4.GRACE NEWS
  (1)セミナー開催のお知らせ
  (2)事故専門部からのお知らせ

5.事務員コラム
  事務員紹介編
  「安心してご相談して頂ける空間を提供します」  担当 加治屋佳織

↓全項目へのリンク先はこちら
 http://www.kotegawa-law.com/img/201602.pdf

201602.jpg

1.法改正コラム 第12回 民法改正 -賃貸借契約-

12回目を数えることになりました「民法改正」のコラムです。賃貸借契約を取上げます。
担当する大武弁護士は企業法務部の部長として2名の弁護士と5名の事務員の大所帯を率いることになりました。大いに張り切る大武弁護士にご期待ください。

さて今回は、賃貸借契約のトラブルの中でも多い「敷金」の改正点についてです。
先ず「敷金」とは呼び方を問わず、賃借人の債務を担保するために賃貸人に交付する金銭とされます。
その「敷金」はいつ還ってくるのか、いか程還ってくるものなのか…。私たちの疑問は意外と闇の中ではありませんか?

改正により「敷金」返還の請求のありかたが示されることになりましたので、ここは押さえておきたいところです。

↓このコラムへはこちらからどうぞ!
http://www.kotegawa-law.com/img/201602_1.pdf

2.知的財産権コラム 第4回 商標法 -商標の出願-

担当は、入所僅か一年で既に企業法務部のエース格!と目される森田弁護士です。
このテーマは今回4回目になります。

特許庁で登録される「商標」はどのような手続きを経て商標権として発生するのでしょうか。
この過程を丁寧に解説します。また、審査で拒絶される場合にあっても、幾重にも不服を申し立てることができる仕組みも紹介しています。

出願をされる場面を想定してお読みいただければと思います。相応の奥深さを感じていただける筈です。

↓このコラムへはこちらからどうぞ!
http://www.kotegawa-law.com/img/201602_2.pdf

3.事故コラム 第3回 自賠責保険について

事故専門部からの登場は弁護士3名、事務員3名体制を統率する部長の永渕弁護士です。
昨年9月号以来の執筆になります。

今回は車を持てば強制加入となる自賠責保険の話です。
私自身の認識不足もありましたが、本コラムを読んで自賠責保険の意外な強みを知ることになりました。当然強いと思っていた任意保険よりも保険金が多く出る場合があるというのです。

条件としては被害者に過失割合がある場合とのことですが、被害者救済の観点で動く弁護士としての見立てはなるほどと思わせるものです。

このコラムは、侮るべからず自賠責、といった感想を持っていただけるものと思います。
是非お読みください。一つの発見があるかもしれませんね。

↓このコラムへはこちらからどうぞ!
http://www.kotegawa-law.com/img/201602_3.pdf

4.GRACE NEWS

(1)セミナー開催のお知らせ

お待たせしました!企業法務部がお送りする今年のセミナーのラインナップの紹介です。
今年はテーマを「労務対策」に絞りました。所属する3人の精鋭弁護士が予防法務の観点で、事業主様の関心事、そして直ぐにでもお役に立つ内容をお届けします。

3回開催を予定し、「解雇」「残業代」「ハラスメント」が主たるテーマです。
お得な3回一括のお申し込みの割引特典もご用意しました。

近くは4月21日(木)ですので、どうぞご予定の確保を願います。

※4月のセミナー日程が、21日(木)から26日(火)へ変更となりました。ご了承ください。

(2)事故専門部からのお知らせ ホームページ続々更新中!

今回お届けするのはこれまで寄せられたご相談の内容です。
お客様のために私たちがどのように取り組むのか、その道筋をお示ししています。
私たちの考え方を知って頂ける機会になれば幸いです。

詳しくは次のリンク先からどうぞ。
http://www.kagoshima-kotsujiko.com/640/

↓このGRACE NEWSのコーナーへはこちらからどうぞ!
http://www.kotegawa-law.com/img/201602_4.pdf

5.事務員紹介 「安心してご相談して頂ける空間を提供します」

先月からこのコーナーはスタッフ紹介をさせて頂いています。

前号紹介の水元と同期の加治屋です。まだ入所して7カ月の彼女ですが、他のスタッフ同様、芯も強く既に事故専門部でも頼られる存在です。
そして、いつもお客様に安心して相談してもらえるよう努めるその姿の一端を見て頂ければと思います。

↓この記事へはこちらからどうぞ!
http://www.kotegawa-law.com/img/201602_5.pdf

法律相談の新規予約専用ダイヤル 0120-100-129法律相談の新規予約専用ダイヤル 0120-100-129

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

 

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談
法律相談のご予約はこちら 0120-100-129
弁護士紹介
弁護士法人グレイス古手川隆訓 「鹿児島の社長」番組放映中
破産Q&A
講演実績多数!セミナー実績
採用情報
Accessmap Area

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談
© Copyright 2017 弁護士法人グレイス All Rights Reserved.

弁護士法人グレイス
〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町1-1 アルボーレ鹿児島6F
TEL:099-822-0764  FAX:099-822-0765