鹿児島の弁護士による中小企業法律相談

相談のご予約はこちら(受付時間 平日9:00~18:00)

弁護士法人グレイス

経営者のためのメールマガジン

close

法律に関する様々な
トピックを弁護士が解説

無料で読めるメルマガ登録はこちら

メールアドレスを入力→
登録ボタンをクリック
(10秒程お待ちください)

企業法務、経営諸課題の最新情報 2016年5月25日号

ニュースレターPDF版はこちらをクリック

いつも大変お世話になっております。
弁護士法人グレイス(旧古手川総合法律事務所)の丸山信一です。

鹿児島経済への影響が広がっています。
熊本地震からの復旧復興はもどかしさが拭えない報道ばかりが目につきます。しかし、一方で経済活動への影響を最小限に留めたいと各業界での奮闘ぶりに勇気付けられたりも致します。

中でも観光業が動きを強めています。九州周遊に欠かせない阿蘇地区を含む熊本全域をツアー設定から避けるため南九州まで足が延びません。そこで観光や宿泊業界では県民に呼び掛ける形で、熊本支援と需要の掘り起こしにとキャンペーンを始めています。

行政も一体となっての対策が好転の一歩となればと願いますが、今後の需要動向によっては事業計画の見直しや従業員の一時帰休などの取組み出てくるのではと心配します。

私たちも、僅かでも力になれることがあればと考えます。
事業の法的側面からの援助、助成金などの公的支援の活用のサポート等、事業主様が置かれる日々の中での困難な課題に、少しでも対応できるよう願わずにいられません。

今号も私たちの活動の場面から、その一部を切り取ってではありますが大切なお話をさせていただきたいと思います。<

何よりもお客様の事業の成功のために、そして永続的な発展のために!
私たちグレイスはお客様に寄り添う徹底した行動とそのスピードに拘って参ります。

さあ、それではメルマガ第29号をスタートさせましょう!!

本号のコンテンツ

1.知的財産権コラム
  「商標権 ~商標の類否判断(2)~」  担当 森田弁護士

2.労働法コラム
  「解雇(2)」  担当 大武弁護士

3.家事コラム
  「遺産分割の諸問題④ ~遺言能力と遺言無効確認の訴え~」 
  担当 茂木弁護士

4.GRACE NEWS
  (1)セミナー開催のお知らせ
  (2)事故専門部からのお知らせ

5.事務員コラム
  事務員紹介編
  「皆様の笑顔のために全力でお手伝いします」  担当 上井絢乃

↓全項目へのリンク先はこちら
 http://www.kotegawa-law.com/img/201605.pdf

201604.jpg

1.知的財産権コラム 第7回   商標権 ~商標の類否判断(2)~

「商標権」については3回目となるお話しをするのは森田弁護士です。
問われるのは『類否』という概念です。今回はこの『類否』を文字の組み合わせという場合を想定した検討が行われます。

かなり深掘りした考察ですが、例として≪御用邸の月≫という二つの文字の組み合わせを取り上げていますので、興味深くお読みいただけるものと思います。
森田ワールドを是非お楽しみ下さい。

↓このコラムへはこちらからどうぞ!
http://www.kotegawa-law.com/img/201605_1.pdf

2.労働法コラム   解雇(2)

先月、開催された労務対策セミナーの第1回目は有り難くも定員満席で、大武弁護士も力のこもった熱弁を振るい、皆様の期待に応えることができたものと思います。

この「解雇」という問題は事業主様にとっては非常時であります。対処を過てば双方が抜き差しならぬない事態に陥ることもしばしばです。大武弁護士は結論で言います。解雇とは「他のあらゆる手段を尽くしてもなお、これを採らざるを得ない」場合においてのみ有効であると。

問題が発生した後、解雇という結論に至るまでに取るべき方策等をお伝えします。
必見です!

↓このコラムへはこちらからどうぞ!
http://www.kotegawa-law.com/img/201605_2.pdf

3.家事コラム   第5回 遺産分割の諸問題④ ~遺言能力と遺言無効確認の訴え~

つい最近にも、20人を超える相続人に係る「遺言無効確認」という事件を解決した茂木弁護士が登場です。
今回は、思わぬところから出てきた『遺言』と争わなければならない場合の「遺言無効確認」についてお話をいたします。

自筆証書であれ公正証書であれ、果たして本当に受け入れなければならぬものなのか?とても関心を呼ぶテーマだと思います。

家事チームはグレイスの三本の矢の一つです。事業承継の課題にも絡んでくるかもしれない『遺言』問題についても、グレイスは事業主様を全面サポート致します。

↓このコラムへはこちらからどうぞ!
http://www.kotegawa-law.com/img/201605_3.pdf

4.GRACE NEWS

(1)セミナー開催のお知らせ

グレイスが全力投球でお届けする3回シリーズ『労務対策徹底強化セミナー』は第2回目の開催のご案内となりました。

7月開催に向けて準備に余念のない森田弁護士がテーマとするのは「賃金(残業代)をめぐるトラブルと対策」です。本テーマは鹿児島の旧来の雇用環境もあって、意外と新しい問題として急増しているのが実情です。森田弁護士に寄せられるクライアントからの嘆きの声は日常茶飯事と言って良いかもしれません。
様々な場面で取り組んできたグレイスの実績にご期待ください。

ホームページ上で詳細はご覧ください。
http://www.kotegawa-law.com/355/

(2)事故専門部からのお知らせ ホームページ続々更新中!

前号で高山弁護士がお伝えしたB型肝炎訴訟について再度掲載をしています。多くの方に知っていただきたい内容です。お見逃しの方は是非ご覧ください。

詳しくは次のリンク先からどうぞ。
http://www.kagoshima-kotsujiko.com/765/76515/

↓このGRACE NEWSのコーナーへはこちらからどうぞ!
http://www.kotegawa-law.com/img/201605_4.pdf

5.事務員紹介 「皆様の笑顔のために全力でお手伝いします」

連載5回目の事務員紹介コーナーです。
今号は前号紹介の福田と一月入所同期で事故専門部を担当する上井です。入社前の豊富な実務経験が事故専門部の業務を随所で支えています。事務所の「癒し」系の側面などを紹介します。

彼女のお客様を迎える気持ちに触れていただければと思います。

↓この記事へはこちらからどうぞ!
http://www.kotegawa-law.com/img/201605_5.pdf

法律相談の新規予約専用ダイヤル 0120-100-129法律相談の新規予約専用ダイヤル 0120-100-129

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

 

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談
法律相談のご予約はこちら 0120-100-129
弁護士紹介
破産Q&A
講演実績多数!セミナー実績
採用情報
Accessmap Area

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談
© Copyright 2017 弁護士法人グレイス All Rights Reserved.

弁護士法人グレイス
〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町1-1 アルボーレ鹿児島6F
TEL:099-822-0764  FAX:099-822-0765